毎日の暮らしに医療のいいことを取り入れるライフスタイルを提案するオンラインショップ ステップバイメディカ

医療従事者の方へ

このページは当社製品に関する情報を
医療機関の方に提供することを
目的としています。

碁石茶®

1) 碁石茶®とは

碁石茶Ⓡ(GOISHICHA)は、江戸時代から400余年継承されてきた秘伝の伝統製法で60日間という時間と手間をかけた日本で唯一の二段階の微生物発酵による完全発酵茶です。碁石茶を唯一生産しているのは、高知県大豊町の山間地(標高約450 m)で、霧が多く、日照時間が長く、山茶の生育には適した場所です。農薬を使うと作れないお茶で、秘伝のカビと乳酸菌による微生物が醸し出すさわやかな酸味が特徴です。碁石茶の二段階発酵により、特徴的な抗酸化成分が生成し生活習慣病予防や改善に、また非常に強い植物性乳酸菌が含まれるようになり、腸内環境を整えて免疫力を高め、インフルエンザ予防や花粉症改善に効果があると言われています。

※ お茶には緑茶(不発酵茶)や、烏龍茶・紅茶(前発酵茶:茶葉のもつ酵素による発酵茶)が一般的に知られています。碁石茶Ⓡはこれらとは異なり、茶葉を微生物によって発酵させた「後醗酵茶」と呼ばれるお茶のひとつです。その中でも珍しい二段階発酵茶です。

2) 碁石茶®の生産工程

秘伝の独特の生産工程は、「茶摘み」、「蒸す」、「寝かす」、「漬ける」、「切る」、「干す」からなっています。各工程の内容は次のとおりです。
【茶摘み】・・・・・・・ 7月頃、肉厚な葉に育った山茶を枝ごと刈り取る。
【蒸す】・・・・・・・・ 蒸し桶に茶葉を詰め、大釜で約2時間蒸す。
【寝かす(カビ付け)】・・枝を取り除き、ムシロをかぶせて数日間置く。
【漬ける(乳酸発酵)】・・桶に漬け込み、重石をのせて2~3週間置く。
【切る】・・・・・・・・ 桶から取り出し、3~4cm角に裁断する。
【干す】・・・・・・・ ムシロに並べ、天日で数日間乾燥させる。
※ 茶摘みから完成まで、約60日間を要します。

3) 碁石茶®の機能性

➀ インフルエンザ予防効果

最近の研究で、碁石茶に由来する乳酸菌が新型も含めたインフルエンザに有効であることが報告されています。野口らによる動物実験で碁石茶由来乳酸菌(Lactobacillus plantarum OG1-3)が粘膜についたウイルスを不活性させ、細胞内に入り、増殖を妨げることを発表し、碁石茶がインフルエンザウイルス感染予防に効果があることが示唆されています1)。さらに、吉岡らはインフルエンザンザに対して顕著は抗ウイルス活性を持つという結果を受け、高知県中山間地域の中学校にて、碁石茶の摂取によるインフルエンザ予防効果についての臨床試験を行われ、碁石茶はインフルエンザの発症を低下させ、罹患を遅延させることが報告されています2)。

② 花粉症改善効果

保井らの研究チームが碁石茶に含まれる乳酸菌に花粉症を抑える働きがあることを報告しています3)。碁石茶由来乳酸菌がTh1/Th2バランスを改善し、IgE抗体を優位に抑制すること、さらに花粉症モデルマウスを用いた実験結果を発表しています。実験方法は、乳幼児期マウスを同乳酸菌の投与群と無投与群に分け、成長後、卵白アルブミン(OVA)を用いて花粉症モデルマウスをつくり、くしゃみの回数と血中IgE量を測定する方法を採っています。その結果、投与群にはアレルギー症状を示す測定項目がすべて低下することを確認し、IgE抗体生産抑制がTh1とTh2による免疫バランスがTh1に移行したことが要因であると推測しています4)。

③ 抗酸化作用

体内の活性酸素が多くなると、細胞や組織がダメージを受けて、生活習慣病、各種難治性疾患発症や老化を早める原因になります。その予防や健康維持には、生体の酸化を如何に防止するかが重要であり、日常的に抗酸化物質を摂取することが推奨されています。碁石茶の抗酸化活性について他のお茶との比較により評価され、その結果を図2に示します。碁石茶はカテキン類の含有量は緑茶よりも少ないにも係らず、緑茶並みの抗酸化活性を示すことが明らかにされています5)。 碁石茶の強い抗酸化活性には、アスコルビン酸、カテキン化合物の類の関与は少なく、碁石茶独自の主要な抗酸化成分としてピロガロールが同定されています。

④ コレステロール低下作用

ウサギにコレステロールを投与したモデル動物を用いて、碁石茶及び他の茶類等を投与し、碁石茶の高脂血症及び動脈硬化症に対する有用性が評価されています。碁石茶投与群は、緑茶、ウーロン茶及び水道水投与群に比べ、血清中のコレステロール値、特に悪玉コレステロールと言われている低密度LDL-コレステロール値が低い値を示し、さらに血中の過酸化脂質量においても低い値を示すことが報告されています。 さらに、モデル動物の大動脈において、碁石茶投与群は、他の群に比べて動脈硬化の進展度が低いことも認められています5)。また、食餌性肥満モデルマウス(高脂肪食投与により、ヒトに類似した代謝性疾患、脂質異常症、高インスリン血症を発症するため、メタボリックシンドロームを反映した動物モデル)を用いて、碁石茶の肥満・メタボリックシンドロームに対する効果を調べられ、碁石茶の継続摂取が、脂肪細胞の肥大化を抑制することが明らかにされています6),7)。これらの結果より、碁石茶の継続摂取はメタボリックシンドローム・生活習慣病の予防および治療に有用である可能性が示唆されています。

⑤ 血圧低下作用

血管平滑筋収縮測定により50 種類のお茶より、微生物の発酵過程を経たプアール茶と碁石茶の熱水抽出エキスに血管平滑筋弛緩作用があることが見出されています。この弛緩作用は血管平滑筋に対しての直接作用で新規の降圧作用であると考えられています。さらに、このエキス成分を用いて自然発症高血圧モデルラットを用いた非観血血圧および観血血圧測定により血圧降下作用が動物実験においても確かめられています8)。

⑥ その他

碁石茶の発酵に関わる微生物についての研究も行われており、「漬け込み」の工程で働く乳酸菌の種類が特定され、代表的な植物性乳酸菌の一種であるラクトバチルス・プランタラム(Lactobacillus plantarum)が見つかっています9)。乳酸菌には腸内環境を整えて免疫を高める免疫調節する効果があり、碁石茶の乳酸菌の免疫調節作用は一番強いとも言われています。
このように、伝承されてきた碁石茶の経験的な効果・効能について、科学的なエビデンスに基づく裏づけの研究が進められ、秘められた多彩な機能性が実証されつつあります。現在までの研究で、上記を含めて碁石茶の飲用により明らかにされてきている機能性を図3に纏めて示します。

参考文献

  • A.Noguchi, Y. Hamauzu, and H. Yasui, "Inhibitory Effects of Goishi Tea against Influenza Virus Infection", Food Science and Technology Research, 14, 277-284 (2008).
  • S. Yoshioka, T. J-Ngam, K. Jobu, J. Yokota, M. Ohishi, H. Uketa, and M. Miyamura, "The Protective Effects of Goishi Tea against Influenza Infection", Japanese Pharmacology & Therapeutics, 41, 705-709 (2013).
  • 中田雅也, 増田健幸, 山中頼奈, 村瀬亘, 保井久子, 岡田早苗, 「乳幼仔期の乳酸菌経口投与が呼吸器粘膜免疫及び花粉症発症に及ぼす影響」2008年度日本農芸化学会年次大会, 名城大学天白キャンパス, 名古屋, 2008年3月28日.
  • 中村優作, 林篤史, 中田雅也, 岡田早苗, 保井久子, 「新生仔マウスのTh1/Th2バランス改善に及ぼす碁石茶由来植物性乳酸菌Lactobacillus plantarum OG1-3の影響」2007年度日本農芸化学会年次大会, 東京農業大学世田谷キャンパス, 東京, 2007年3月26日.
  • 宮村充彦, 森山洋憲, 邑田修三, 横田淳子, 吉岡三郎, 宅間大祐, 濱田篤秀, 西岡豊, 「コレステロール負荷家兎における後発酵茶「碁石茶」の高脂血症及び動脈硬化抑制効果」薬学雑誌, 128, 1037-1044 (2008).
  • J. Yokota, K. Jobu, S. Yoshioka, T. Kashiwagi, T. Shimamura, H. Moriyama, S. Murata, M. Ohishi, H. Uketa, and M. Miyamura, "The Influence of Goishi Tea on Adipocytokines in Obese Mice", Food Chemistry, 138, 2210-2218 (2013).
  • K. Jobu, J. Yokota, S. Yoshioka, H. Moriyama, S. Murata, M. Ohishi, H. Uketa, and M. Miyamura, "Effects of Goishi Tea on Diet-induced Obesity in Mice", Food Research International, 54, 324-329 (2013).
  • 中村彰男, 吉山伸司, 田中夏女, 河原田律子, 「後発酵茶由来の血圧上昇抑制作用を有する剤並びにそれを含む飲食品及び医薬」特開2014-43406 (2014.3.13.) 【出願人:国立大学法人群馬大学】
  • 岡田早苗, 高橋尚人, 小原直弘, 内村泰, 小崎道雄, 「碁石茶の発酵に関与する微生物」日本食品科学工学会誌, 43, 1019-1027 (1996).

お支払い方法(すべて手数料無料)

コンビニ後払い

商品到着後14日以内に、お近くのコンビニエンスストアからお支払いください。
セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルK、サンクス、ディリーヤマザキ、ミニストップ、セイコーマート、スリーエフ、ポプラ、生活彩家、くらしハウス、スリーエイト、セーブオン、コミュニティーストア、ココストア、郵便局
クレジットカード(一括払い)

JCB、WISAカード、マスターカード、アメリカンエクスプレス、 ダイナース、UCカード、セゾンカード、イオン、三菱東京UFJ カード、 DCカード、UFJ カード、ニコスカード、東急カード
代金引换
(お電話、FAXでご注文の方は、代金引換のみとなります。)商品受渡しの際にヤマト運輸の配達員へお支払いください。

お届けについて

1回のご注文が4,500円(税込)以上で全国送料無料
ヤマト運輸でお届けします。配送時間のご指定も可能です。

商品到着後14日以内に、お近くのコンビニエンスストアからお支払いください。
※ご不在で商品をお受取できなかった場合は、「ご不在連絡票」にしたがってご都合のよい日時を配達業者にご連絡ください。再配達いたします。
※一部商品はネコポス(ポスト投函)でお届けとなリます。
最短翌日お届け
平日14時までのご注文は即日発送いたします。
※一部の地域や配達状況によって翌日にお届けできない場合がございます。